目標は金型製造の全工程の掌握
製造技術1課 / 2006年新卒入社

E.Y

機械加工の最終工程、仕上げを担う

就活時に工場見学に訪れた際、明るく広い空間にマシニングセンタが整然と並んだ、工場らしからぬ雰囲気、社長の未来を見据えたビジョンにひかれ、入社を決めました。今は、製造技術1課で機械加工の最終工程を担当しています。具体的には、傷や不具合の発見、電動切削工具での研磨、組立などの仕上げ作業です。係長として従業員7人を束ね、効率のよい作業を心がけています。

難しい仕事をやり遂げ、達成感に包まれた

難しさでは、半導体部品製造のための金型製造を任されたことが記憶に残っています。複雑な形状をどう組み立てるか。いかに金属表面にダメージを与えず、ブラスト処理をするか。これまで手掛けたことのない製品だったので、試行錯誤を繰り返し、「やるしかない」という気持ちで挑みました。難しい仕事でしたが、やり遂げた後には自身の成長を実感できました。

金型に関わるすべての技術習得が目標

全工程ができてこそ一人前の技術者と考えているので、自分自身の目標として、設計・加工・組立など金型に関わる全ての技術を身に付けたいと思っています。また、管理という観点では、将来的には、課全体の状況、流れ、納期などを俯瞰的に捉えて、仕事の効率化にも取り組みたいと思っています。そのために係長同士での情報共有、従業員への具体的な指示出しなどを心がけています。

学び続ける意欲こそ技術者の資質

高い技術力と短納期。その両面を叶えられることが、優れたメーカーです。そのためには、新しい機械の導入や工場内の環境整備により効率化、合理化を図ること、その進化に合わせて常に新しい技術を学ぼうとする社員の意欲の両方が必要です。入社後も学んでいこうという意欲があれば、機械系出身でなくても金型製作の技術者となり、成長できると思います。

OTHER PERSON