世界水準のものづくりに関わる誇り
品質保証課 / 2005年新卒入社

A.Y

人の目と3Dデータで徹底的に測定する

入社してからずっと品質保証を行っています。工場から出荷される金型が決められた品質であるかどうかを確かめるため、まずは目で傷や汚れ、くもりなどをチェックし、その後、高精度の画像判断、およびミクロン単位の測定ができる2種類の3D測定器を用いて確認します。設計図に基づき、見える範囲はすべて測定してデータとしてまとめ、製品に添付してお客様に納品します。当社のものづくりの最終チェックなので責任は重大です。

焦らず着実に、仕事を身に付けて成長

もともと細かな作業が好きなので、この仕事は自分に合っていると思います。入社したばかりの頃は自分で何度も確認した後に上司に見てもらわないと安心できませんでしたが、徐々に慣れ、今では自信を持って仕事を進められるようになりました。「焦らなくていい、着実に技術を身に付けて」と見守ってくれた上司に感謝しています。私が教える立場になったら、同じように長い目で見て育てていこうと思います。

品質保証は女性が力を発揮できる場

検査対象は、製品数が多い上に、大きさや形状のバリエーションもさまざま。特に、自動車部品用金型に多い、先細りのテーパー型や曲線部分を持つ製品は、測定誤差が出やすいので要注意です。測定器の使い方を工夫し、臨機応変な対応を心がけています。こうした細やかで根気の必要な作業は、製造業の中で女性が力を発揮できる部署ではないかと思っています。経験を積み、冷静な判断力を付けて、極めていきたいです。

世界水準の技術を支える一員として

私が毎日向きあっている部品が、実は「海外の展示会で高い評価を得た」「他ではできない、高難度の部品製造を可能にした金型である」など、朝礼の際に社長がお話しくださるのですが、そういう話を聞くとモチベーションがアップします。世界水準の製品づくりに関わっているのは誇らしいです。これからは検査データの収集と分析で二度と不具合品を出さない取り組みにも関わり、品質向上を支えていきたいと思います。

OTHER PERSON