ものづくりの根幹を支える実感が魅力
設計課 / 2019年新卒入社

R.T

多種多彩な金型を設計している

自動車・医療・精密機器など、多岐に渡る分野で使われているゴム製品を製造するための金型設計が私の仕事です。お客様からの製品図、営業がまとめた設計仕様書に基いて、CADで詳細設計を行い、合わせて材料、金型に組み込む部品などを発注。また、必要に応じて周辺関連機器や治具を設計する場合もあります。製造中に現場から問い合わせがあれば、出向いて話し合いや調整を行います。

ミクロン単位の加工精度が自慢

就活まで、金型によるものづくりとは、2枚の金属板の間に材料を流し入れる、またはプレスして部品を製造するという認識でしたが、入社してその概念が大きく変わりました。加工精度はミクロン。その上、金属板4、5枚を組み合わせて、微細かつ複雑な構造の製品を大量生産する様子を目の当たりにして、金型の重要性を実感。ものづくりの根幹を支えているという手応えとやりがいを日々実感しています。

設計の奥深さに触れ、おもしろさを実感

大学での専攻は物理系力学、金型設計は未知の分野で、わからないことが続出しました。配属直後は、1枚の設計図を仕上げるまで数十回修正したこともありましたが、今ではわずかな修正で、製造現場へ渡せるようになりました。金型の構造、加工、成形、製品の特長などが分かってくると、設計の奥深さ、おもしろさが実感できます。上司に構造を提案し、意見を交わせるようになることが現在の目標です。

難しい案件をやり遂げた感動はひとしお

「PRCでしかできないから」と依頼される金型には難しい案件も少なくありませんが、やり遂げたときの感動はひとしおです。設計室にストックされている、これまで当社が手掛けてきた金型の設計図や資料から学び、自分の引き出しを増やしていきたいと思います。将来的には、原料の混合・射出・加熱・冷却などを1つで完結できる10枚型など複雑な金型設計も手がけられるようになりたいです。

OTHER PERSON