環境への取り組み

自動空調設備

金型は温度の影響を受けやすい為、工場内を常に一定の温度(23~24℃)に保つことで製品の寸法変化を防ぎ、金型の品質や精度を維持しています。機械から発生する熱で室温が高くなる工場では1年中エアコンを必要とするので、当社では外気をうまく利用するため、当社独自の空調設備を導入しています。

自動散水システム「気化熱の原理を利用」

夏場の冷房ピーク時は少しでも外気の温度の影響を減らす為、当社の屋根には自動散水システムを設置しています。屋根の温度が30度以上になると、屋根に水を散水させ、室内温度の上昇を防ぎ、消費電力を最小限に抑える工夫をしています。
また、宇宙・航空機などにも使用される特殊な塗料を施すことで、夏場の屋根温度上昇を抑えています。

お問い合わせ

金型製作についてのご質問やご相談などはこちらから承っています。

資料ダウンロード

金型製作に関する資料をご用意しています。